疲れやすいと風邪をひきやすい・疲労を回復して免疫力をあげるお灸

疲れやすい、ダルい、風邪を引きやすい 子供の頃から体が弱くいつも風邪を引いていたという人がいました。 疲れやすく、お腹をいつもこわしていました。 鍼灸は、ぴたりと効くときもありますが徐々に体調が改善してきます。 やせ形で体重も増えませんでしたが食欲も出るようになり体重は、3年間 ‥‥

立ち仕事で腰痛になりやすい方の指圧は経絡で解消する

立ち仕事でよくある腰痛の原因は次の3つです。 立っているときの姿勢に問題がある 立ち仕事の腰痛で多い原因は、姿勢です。 特に前かがみの姿勢は腰に負担がかかります。 料理関係者に多いのが立っているときの姿勢。 作業台に対して前かがみになる姿勢が毎日続くと疲労が積み重なっていきます。 ‥‥

腕を横に上げるときに肩に痛みが肘の鍼で改善した例

腕を横に上げるときに肩に痛みがでるという方が来院しました。 手を使う作業が多く、特に押す動作が多いとのこと。 腫れなどはなく、炎症性のものではありませんでした。   クッションのような役割をしていています。 肩をスムーズな動きが出るようにあります。 何らかの原因によって ‥‥

頭痛が来そうだなったと思ったらツボ押しで予防を試みる

長時間パソコンに向かい、同じ姿勢で働き続け、しかもストレスやディスプレを見続けて眼精疲労に。 運動不足も加わり出てくる症状は、首のコリと頭痛。 ディスプレーに向かってアゴが突き出す姿勢で乗り出して猫背気味になってしまう。 頭の重さは約4キロ。頸椎にはより負担がかかってしまう。 頭 ‥‥

小児はり研修の旅 in ベトナム 2016年

大極安子氏企画の小児はり研修が決まりました。 今回は少人数での小児はり研修の旅となります。 2016年8月28日にベトナムに行くことになりました。 フエ市での小児はりと鍼灸のボランティア活動は16年目を迎えました。 今回も小学校や郊外の診療所、障害児親の会、幼稚園や孤児 院、病院 ‥‥

首コリに多い脇の下のコリを指圧で解消する

脇の下のコリというのがあります。 首こりの方にあるもう一つの多い症状の一つです。 なにもしなければ脇の下はコリません。 脇の下もコリも盛り上がるように凝る方がいますが、ほぼ首のこりがヒドイ方です。 脇がこると肩の関節がスムーズに動かなくなり、腕が上がりにくくなります。 この脇の下 ‥‥

日刊ゲンダイの「コリ取り名人を見つけた!」に紹介していただきました。

  『日刊ゲンダイ』の2011年11月版に、「コリ取り名人見つけた!」という記事で紹介されました。 ありがたいことにアメーバブログのお会いしたことのない整体院の先生からのご紹介でした。 日刊ゲンダイは、夕刊紙でね。 コンビニや駅のホームのキヨスクなどで見かける新聞です。 ‥‥

うつ病に潜むあるサインのひとつ「首のこり」

うつ病のサインの一つに首コリ、肩コリがあります。 ある会社員の方がおっしゃっていたのは同僚で首のあたりをさすり始めるといい確率で数カ月後に休むんですよという話でした。 だから私は首コリをしそうになるとスポーツやストレッチ、ここのマッサージで予防の意味で受けるのだと話してくれました ‥‥

頭と首の付根がコリで痛い時|後頭下筋群の凝りを違ってみる

ここのコリは、私がよく凝る場所で自分でも鍼を入れてゆるめる場所です。 ツボでいうと天柱、風池。 ここのコリが強い場合は、とにかくこの場所がもやもやして首の付根を伸ばしたくなります。 また頭の後ろとこめかみ辺りの頭痛として出てくることも多い。 私はここに自分で鍼を入れてコリを伸ばし ‥‥

首はより動きやすくなるコリのポイントは何処だ?|胸鎖乳突筋・斜角筋

首が痛みで動かない、動きにくい場合は、筋肉群を特定します。 特定できたなら関連したツボに指圧をしたり鍼灸を施します。 問題のコリは単発であることは少なく、ほとんどは複合的にコリを作っています。 首のポイントは一筋縄ではいきません。 今回は首の横にある胸鎖乳突筋と斜角筋について考え ‥‥