腰痛でお悩みの方へ


当院では腰痛で来院される方が多い症状の一つです。

腰痛は、平成25年度の統計では、男性で1番、女性は、肩コリについで多い症状の一つです。
腰痛の症状は感じ方もいろいろです。
腰痛は、若い方からご年配の方まで幅広いのが特徴です。
腰痛の原因では、85%が非特異性腰痛といわれ特定出来ていません。
15%の原因は、変性(椎間板ヘルニア、腰部分離症、脊柱菅狭窄症など)、腫瘍、感染、外傷となっています。

腰は、股関節、骨盤、脊柱にはさまざまな筋肉が複雑に組み合わさり構築されています。
脊柱起立筋、腰方形筋、大腰筋、腸骨筋、殿筋などが骨盤、大腿骨を支えたり動かしています。
人が立つ、座り、カラダを捻ったり、しゃがんだり、歩いたりするときは、これらの筋肉と下肢の筋肉をバランスをとりながら体を操作し動かします。

よくある疲労性の腰痛は、同じ姿勢や使いすぎで疲れが回復されにくくなり、負担のある動作、姿勢が続くと、これらの筋肉が疲労し過緊張から慢性筋肉疲労に移行します。
慢性筋肉疲労はカラダの軸を崩ずし、骨盤や背骨歪んでバランスをとるようになります。
慢性腰痛は、日常の動作が大きく影響しているケースが多いのです。

私自身も、以前は、腰痛の体験者です。
なかなか治りにくい腰痛が3ヶ月間とギックリ腰を経験しました。
これは仕事柄、得難い体験でした。

最初に書いたように腰痛の原因の85%は原因が特定されない非特異性腰痛です。
私の場合も原因が思いつかない腰痛でした。
慢性的な腰痛においては、仕事で腰痛になりやすいのがあります。
前屈みの作業や座り仕事の作業、物や人を持ち上げたりする仕事です。

来院で腰痛の多い仕事

・デスクワーク
・以前腰を痛めてから調子の悪い方
・看護師、介護士、看護されている方
・クーラーのきいたレジ打ちの方、前屈みの作業の多い方
・タクシーやトラックなどのドライバーの方
・あまり運動が出来ない環境の方

腰痛の炎症、引きつれ、慢性痛、内臓痛

  • 急に痛めましたか?慢性的に痛いですか?
    炎症性の痛みは熱っぽさがあるかどうか、腫れているかどうかで炎症が分かります。
    温めると痛みが強くなるのが炎症です。
  • 動くときに痛みますか?動かないと痛みませんか?
    安静にしていても痛みますか?
  • 動いて痛みの強さは変わりますか?
    動いて痛みが強くなるのは、筋肉性の可能性があります。
    動いても動かなくても一定の痛みだったり、わからない場合は、ご相談していただくか医療機関での検査が安心です。

当院の腰痛アプローチ

来院の多くの慢性腰痛の場合は、原因となる姿勢筋や慢性筋肉疲労になったところへのアプローチになります。
疲労で固まってしまった筋肉1度ゆるめて本来の状態に戻ろうとするカラダの力をサポートします。

無意識的に使ってしまっている動作や負担のある動作などを二人で見つけていきましょう。

腰は、要(かなめ)というくらい大事な場所です。大きな筋肉で守られていますが一度疲労すると回復までにはちょっと時間がかかってしまいます。

私達(鍼灸・指圧・按摩)のでは、カラダの縦(頭から足にいたる線)のラインバランスを読みながら負担の出ているツボを確認して問題点を推測し全体的に施術(鍼灸・指圧・按摩)しツボには強弱をつけながら施術していきます。

鍼灸・指圧・按摩は、元(本来の健康な状態)に戻ろうとする力を利用します。

腰がだるい、重い、疲れてる感じが続く(3日以上)場合は、早めの施術が予防となります。

腰痛も特定の時間や姿勢で出るなどは、慢性化しています。
仕事の途中で痛くなる、寝ているときに腰が痛くなる、朝起きたときに腰が痛い。
ハイヒールを履くと痛くなる、流し仕事が辛いなど。

腰に負担のかかる姿勢で多いのは、前かがみの姿勢や物を持つ時に痛むなど。

当院の鍼灸は、ツボとスジを重視します。
問題のあるツボを選び、ツボと関係のあり反応が出ているスジを選び鍼灸・指圧・按摩でアプローチします。

問題のある方は、一度ご相談ください。

スポンサードリンク