咽喉頭異常感症と鍼灸療法

医道の日本に紹介された西田皓一先生の咽喉頭異常感症(abnomal sensasion syndrome of throat)の鍼灸治療は、とても興味深かった。 現代では、病名をつけると「咽喉頭異常感症」とつけられています。 東洋医学では「梅核気」。梅のタネが詰まったような気溜ま ‥‥

喉のつまり感・咽喉頭異常感症の分類と鍼灸治療

現代医学的には、咽喉頭異常感症と呼ばれている。 俗称ヒステリー球ともいわれるが東洋医学では梅核気と呼ばれている。 この特徴は食道や咽頭部に検査しても何ら器質的な以上を認めないが患者は喉につまり感やふさがるような引っかかったような感じが取れない症状があります。 共通しているのが首の ‥‥