指圧と鍼灸のツボの状態・虚には補い、実には瀉す

東洋医学と呼ばれる鍼灸や指圧、按摩などの診断法があります。 脈診、腹診、背中の候背診、切経など触ってカラダの状態を把握します。 経絡と呼ばれ皮膚や筋肉の虚実を診るのです。 虚が気の不足で、実が気の過剰と呼ばれ裏表です。 実際には、実が新しいコリの状態で虚はコリが時間が経って変化し ‥‥

睡眠障害と按摩指圧マッサージ

按摩指圧マッサージは、コリと呼ばれる筋肉の緊張にアプローチします。 このコリは、関連痛という痛みがあり上手に処理できれば、不定愁訴症候群に効果があることが経験的に知られています。 東洋医学的に表現すると偏った気と血を触圧刺激により全身にバランスよく配分できるカラダ作りをすることな ‥‥

日刊ゲンダイの「コリ取り名人を見つけた!」に紹介していただきました。

  『日刊ゲンダイ』の2011年11月版に、「コリ取り名人見つけた!」という記事で紹介されました。 ありがたいことにアメーバブログのお会いしたことのない整体院の先生からのご紹介でした。 日刊ゲンダイは、夕刊紙でね。 コンビニや駅のホームのキヨスクなどで見かける新聞です。 ‥‥

小児はりが、生まれ育った背景

小児はりが、生まれ育った背景の一つは乳幼児の死亡率の高さ? 歴史を紐解いていくとそういう疑問に行き当たります。 小児はりが生まれたのは大阪の特に河内と呼ばれる地域。 森田康夫さんの「河内・社会・文化・医療」という本を手にすることが出来ました。 河内―社会・文化・医療 (上方文庫) ‥‥

小児はり(小児鍼)についての覚書

小児はり(小児鍼)について 1989年の東洋鍼灸専門学校在学中に友人たちと皮膚鍼の勉強会を設けた。 当時妊娠中の同級生が自分の妻も含めて3人いたので興味が湧いた。 その皮膚鍼の一つの分野「小児はり」をまとめるうちに一つの文化を持った世界だと気がついた。 医道の日本誌に発表されてい ‥‥