肩こりによくある鎖骨の圧迫感


鍼灸学校て教わった肩コリのポイントの一つが大胸筋のマッサージです。
サロンパスを貼るなら肩ではなく大胸筋の方だということ。
その時は、なぜかということが分かりませんでした。

肩コリの酷い方の指圧やマッサージをしていてたしかに大胸筋に強いコリがあることを確認します。
ただし大胸筋にコリがある人ととない人がいます。
大胸筋といっても鎖骨の下から腕の付け根

鎖骨について

鎖骨という一本の骨は、胸骨と肩甲骨に付いて、肩鎖関節と胸鎖関節と2つの関節を作ります。
鎖骨には、大胸筋、三角筋といった腕の動きに関する筋肉と胸鎖乳突筋と僧帽筋が付きます。

大きな作用としては

・腕を動かすときに使う筋肉:大胸筋、三角筋
・顎の方向を変えると時に使う筋肉:胸鎖乳突筋、僧帽筋

鎖骨は、僧帽筋の力を肩甲骨に伝える働きをしています。
また鎖骨には強力な力が働く筋が付着します。
胸鎖関節、肩鎖関節では、肩甲骨の制動をしています。

残念ながら部分を調べても全体のはたらきや動きが分かりません。

私も肩が凝ることがありますが、無意識で大胸筋の鎖骨したを揉みます。
するとコリがあります。
ココを揉むとどこに影響が行くのか観察してみたら仕事柄親指を使う関係もあり力こぶから親指の方に「ひびき感」が出てきます。

経絡でいうところの「肺経」と呼ばれるラインにヒビキ感が伝わっていきます。
そしてもう一つ
同じ側の首の筋肉の一部分です。
かなりいい感じで肩コリ感が消失します。

一般の方は、指圧などして親指を使う機会はありません。
どういう方がこの鎖骨付近にコリを作るのでしょう?
数多くの肩コリの指圧をしていますが、一つの大きな共通項は、「顎関節にトラブル」を持っている方です。

歯ぎしり、噛みしめ、食いしばりのクセのある方に多いです。
それ以外は、腕の内転筋を多く使う動作の職業の方です。

一つの関節の動きでも全身の動きと連動しています。

腕には肩関節、肘関節、腕関節、指節関節があります。
これらに付いている筋肉は、一本一本と単体としても連動して動いています。
この連動が筋肉のネットワークです。

肩コリでいえば問題のある肩関節、肘関節、腕関節、指節関節に連なっている筋肉ネットワークを整えれば肩コリは自然と快癒するわけです。
鎖骨は、前に書いたように肩甲骨に付いて肩鎖関節を作ります。
この筋肉ネットワークを観察するには経絡という鍼灸の理論を使うと理解しやすいです。

鎖骨につながっている筋肉ネットワーク

・肺経
・胃経
・小腸経
・腎経
・陽蹻脈

鎖骨下のコリ・圧迫感を解除する

なんといっても大きく改善できるのは大胸筋です。
鎖骨下に付いている筋肉のコリを確認します。
肋骨1番、肋骨2番、肩鎖関節にコリをチェックします。
大椎と呼ばれるツボをチェックします。
頸椎7番と胸椎1番の間にあるツボです。

胸鎖関節は、胸骨と鎖骨に連結する関節です。
関節は、遊びがあるかどうか。
周辺の筋肉に凝りがあるかどうか。
縦のラインの経絡のツボを指圧して可動域が変化するかどうか。

コリを解消すると、上がりにくい腕が上がりやすくなります。
肩をマッサージしてもらっても、すぐにぶり返す肩こりは、問題点が違うことがあります。
鎖骨とその周辺の問題であったりする場合もあります。

スポンサードリンク