鍼灸・整体指圧院で行う歯ぎしり・食いしばり(ブラキシズム)の対応


歯ぎしりや咬みしめ、食いしばりでは歯もそうですが
顎に大変なストレスをかけてしまいます。
このストレスで現れるのが顎を動かすときに使う「咀嚼筋(そしゃく
きん)」の過緊張です。

咀嚼筋(そしゃくきん)のこわばり

これらの筋肉に噛むときに使う筋肉です。
疲労すると、こわばりや痛みを生じます。
指で押さえると痛みを感じる場合があります。
頬がコリで盛り上がっていることもよく見かけます。

※咀嚼筋:側頭筋、外内側翼突筋、咬筋、顎二腹筋

B41106E4F159※イラストはよくこる場所

肩こりや頭痛の原因になる

高頻度で肩こりや頭痛を併発しています。

・歯ぎしり・噛みしめ・食いしばりは無意識に
咀嚼筋(そしゃくきん)を動かす癖です。
・寝ているときにも、仕事をしたり集中している時にも生じます。
・ぎりぎりと歯ぎしりばかりではなく、食いしばりやカチカチいわせ
る癖も含まれます。
・前歯でするクセのある方もいます。

次のような症状が多いです。

・頭痛がする、首や肩がこる、腰痛になる
・めまいがする、耳鳴りがする
・あごが痛い、口が開かない(顎関節症)
・人によっては顔が痛い

噛みしめる、食いしばる強い筋肉の緊張が全身に影響をおよぼします。

歯ぎしり・噛みしめ・食いしばりで歯を守るには歯科医院で「ナイト
ガード」と呼ばれるものを作ってもらいましょう。
カスタムメードで保険適応なので5000円前後で作ってくれるはずです。

※詳しくは近所の歯医者さんで聞いてください。

歯科医院で型をとって作ってもらえば数日で出来上がるはずです。
ナイトガードは歯ぎしり・食いしばり(ブラキシズム)から歯を守りま
す。

歯ぎしり・食いしばり(ブラキシズム)による朝の疲労も楽になる方も
います。

もちろん向いてない!と朝起きたらナイトガードを無意識で外してし
まう方もいます。

私の鍼灸・整体指圧院で多いタイプ

就寝中に歯の食いしばりによる顎、首の耳下付近のだるさや、咬筋の
コリにとても悩んでいいる方。
殆どの方は首・肩のコリも辛い状態です。
歯が削れるほど噛みしめと首コリがひどい方が来院します。
ぐっと噛みしめると負担の掛かる場所が首と頭です。
首を動かすと痛いという問題点は時間とともに遠位の場所に症状が出
てきます。

その場所に問題がある時は問題となる緊張を解除してあげないとすぐ
に首の状態が元に戻りやすくなっています。

按摩指圧・鍼灸では経絡という筋の考え方と問題点で施術しています。

私の歯ぎしり型施術のポイント

・あご
・首と頭の付け根
・首と肩が交差した場所
・こめかみ

これらは強いコリを持っているところです。

顎周辺の緊張にマッサージと鍼
首の緊張部に指圧と鍼
肩周辺の調整
骨盤の調整

腰・脚まで調整するのは、カラダが、ゆがんでバランスを取ろうとする
からです。
このバランスをリセットして再構築させます。

朝起きたときにあごが痛いとかだるいと感じたらぜひ当院へご相談く
ださい。

スポンサードリンク