精神的なストレスや疲労の回復に疲労の回復法として按摩(日本式マッサージ)

Pocket

疲労の回復法として按摩(日本式マッサージ)に勝るものはないといえます。
按摩は実に不可思議な疲労回復法である。
疲れきったココロとカラダに真心こもる手技に快く蘇り元気が復活します。

疲れにより快適な睡眠が得られず、結果疲労が溜まっていきます。
疲労もたまると体調を崩す原因となります。
心地いい按摩(日本式マッサージ)は、快適な睡眠へと人を導きます。

人は疲れも悩みも忘れ深い眠りに入り疲労回復がなされてカラダが元気になります。

現代人は凝っています。

その凝りが慢性化してしまったため「私は凝り性だから」とか「疲れているせいかな」となどと思う方は多いです。

なんとなくやり過ごしている凝りが身近なものすぎて重大なものとしては考えられない人とも多くいるのではないでしょうか。

けれどもその「凝り」は実は内臓の病気の表れの場合もあります。
たかが肩こりと思う方もいますが、なかなか肩こりが抜けない場合は按摩や指圧を試してみてください。

肩こりのコリとは何でしょう?

「コリ」「こり」「凝り」は、筋肉それも運動にたずさわる骨格筋に現れるものです。
張っているとか「しこり」があるとかいう表現で言い換えることもできます。

どちらにしても「筋肉が硬くなったのがこり」です。

誰しも経験があるでしょうが、しばらく運動していない人間が久々に遠足やスポーツをしたりすると翌日は体がバリバリに筋肉が張った状態になっているというのがこりの最初の段階です。

ストレッチで体を休めたりするだけで最初うちは、これでもカラダは元に戻りますが刺激が連続してあるとどうでしょう。
肩や背中にしつこい凝りがあるというのはまさに連続性の刺激があることでもあります。

何らかの負担となる刺激が続いたために「慢性化した筋肉のコリ」が続いているんです。

「慢性化した筋肉のコリ」はツボになり、悪い意味でカラダに不調をもたらします。
このコリをとらえて、体調管理するのが按摩や指圧、鍼灸です。

沢田健と呼ばれる名人が昭和のはじめにいらっしゃいました。
沢田健先生は、柔術の達人でもあり、柔術の当て身の部位が鍼灸の部位と同じであることに気が付かれました。

手や足のある部位に打撃を与えると関係のないように思われる内臓にダメージを起こし、また内臓のどこかに疾患が起きるとツボと呼ばる場所に打撲のようなコリが出現することに興味を持たれて鍼灸業界に入られた話は有名であります。

手でツボに適切な刺激を与えて、コリを解消しカラダを調整する按摩を是非お試しください。

 

 

スポンサードリンク