Pocket

目を酷使する環境で溢れています。
パソコンで仕事をする方、やたらスマホを見る方。
家では、テレビやゲーム、寝る前もスマホも見る……。
目の使い過ぎは、頭痛や肩こり、首のコリ、睡眠障害などの症状まで引き起こしてしまうこともあります。

疲れ目はどういう状態なんでしょう?
目の中にある焦点や光を調整する筋肉や顔にある目周囲の筋肉の疲労です。
「眼精疲労」は、なかなか厄介な疲労です。

日常の環境やドライアイが原因になっていることが多いので、その原因を改善する必要があります。
緑内障や網膜疾患などの慢性疾患では、医療機関での手当が必要です。
網膜剥離が気がつかず(たまたま画像が歪まずに)スゴイ肩こりが出た方もいます。

目の酷使のによる眼精疲労は、環境を変える必要(定期的に目を休める、ディスプレーの高さを調整する等)があります。

鍼灸・按摩指圧では、自律神経の乱れ、ストレスによる眼精疲労が得意です。
目が乾く
目がけいれんする
目がかすむ等により出て来る症状改善(肩こり,頭痛,吐き気,食欲不振)。

肩こりや首のコリは、長時間の同じ姿勢による疲労や集中する時に目から首周りにかけての筋肉に力を入れたりしてしまうことから起こると考えられます。
頭痛を引き起こしてしまうのも筋緊張性のものですが顔から頭にかけてコリが酷くなっています。

テラフィあけぼの橋では
頭の付け根のコリの解消
顔の緊張をゆるめて首の付根のコリをゆるめて「眼の疲れ」による頭痛などを解消します。