スポーツと膝の故障その原因と対処法

Pocket

ジンジン、シクシク、重だるい膝の痛み。
スポーツをする人なら誰でもあの嫌な膝の痛みを経験したことがあり
ます。

スポーツの障害で多いのは足、腰、膝の痛みの中でも圧倒的に多いの
が膝の故障です。
ひざ関節は大腿骨、脛骨、膝のお皿といわれる膝蓋骨、半月板、靭帯等で構成されています。

体の中で最も大きく最も複雑な動きをする関節そしてある意味で最も
危うい関節が膝です。
一般にスポーツによる膝の痛みを訴えて病院を訪れる人の8割は単な
る膝通と診断されています。
これは自分で克服できる痛みです

この膝痛のほとんどは過労性障害

一定の動きを反復し膝に負荷をかけ続けることによって筋肉や腱、靭
帯等が疲労して痛みが生じている状態です。

ストレスがどの部分にかかるかで痛みを感じる場所が違ってきますが
原因はいずれも使い過ぎ。
つまり膝をどう動かすことが多いどの部分が痛むのかを把握できれば
原因はおのずと見えてきます。

膝の痛みを自覚したらまず膝の休養

膝の筋肉の使いすぎで膝の可動性障害が起きた場合まず休養日を設け
ましょう。
障害の起きた膝をコントロールするために普段行うスポーツは別の方
法で大体四頭筋を中心とした今力を養うことが大原則です。

最初は膝を起こさないで筋力をつけるアイソメトリックスと呼ばれる
運動が最適です。

これは痛みを自覚しながらトレーニングができるから自分の限界がも分かります。
徐々に複合運動を加えていけば必ず効果が上がります。

※休養も全く使わないのは筋肉低下を招きます。
膝周りの過労となった筋肉を休ませ疲労していない違う筋肉を使って
見るのが大切です。

怪しいなと思ったらまずは膝周りと股関節、腰回りの指圧・マッサー
ジで調整してみてください。

スポンサードリンク