ストレスによるコリとよく効くマッサージ


スポーツや重労働をしたわけではないのに首の凝りや肩こり、腰痛に悩む人がいらっしゃいます。
スマホ、パソコンなどのテクノストレスによる首こり、肩コリは眼精疲労に首が前にかがんだ状態や腕を支える首や背中の筋肉が疲労して起こる凝りです。

これに食いしばりなどがプラスされると、より強い首のコリや背中の凝りになっていきます。

 
私も首のコリがヒドかった時代があります。
それはワープロが出てきた時でした。
覚えるためにずいぶん長い時間、1ヶ月ほど使ったでしょうか?
頭痛が出るほど首コリがひどくなりました。

長年の首コリがある方には慣れてしまっている方も多いと思います。
目の疲れの首コリの特徴は「首の付け根」あたりがつまっている。
頭が重い。そんな症状があります。

そして「目がしら」を押さえたくなる。

仕事でハードに目を使われる方、「まばたき」が少ない方。
首と頭と顔に疲れが出てきます。
疲れとは、「コリ」と呼ばれる筋肉の一部に緊張が出ることです。

頭皮ガチガチに。人によってはぶかぶかに。
顔はおでこから「ほほ」耳の下の首の筋。
鎖骨から下の胸筋のコリ。
 

テクノストレスに悩んでる人の首や背中は鉄板が張り付いたような凝りです。
顔の筋肉や頭皮まで硬く凝っています。

でもスマホやパソコンなどない生活は現代人にはありません。
スマホ、パソコン、テレビゲーム、活字、蛍光灯(いまはLED)の下での生活は想像以上のストレスです。

首のコリは腰から背中、首、頭とゆるめていきます。
首コリは首が固くなりその他の関連した筋肉の部分も固くなります。
目の筋肉だってこり固まってしまいますそれが肩こりや偏頭痛、腰痛になって現れたりします。

精神的なストレスごりは肩首顔頭背中に集中して出やすいので、私のマッサージでは全身のコンディション調整を重要視しています。

スポンサードリンク