精神的な疲労やアスリートの筋肉疲労回復にマッサージがオススです

Pocket

柔軟性の高いカラダと脳みそがあってこそ驚くような軽快なフットワークが生まれます。
ディスクワークに夢中になっていると体はあちらこちら筋肉は硬くなってしまいます。
筋肉のコリストレスの原因にもなります。

そこでオススメが指圧や日本式のマッサージ「按摩」です。
筋肉をほぐす効き目は保証付きです。
中国3000年、、、いやいや江戸時代から利用されているのが按摩です。

按摩は、「軽擦」「指圧」「もみほぐす」「叩いてゆるめる」「ストレッチが組み入れられた運動法」などを含まれた総合手技療法です。

心と体を柔軟にして能率を大いに高めてくれます。

例えば肩こり

肩は最も可動域が広く、かつ自由度の高い関節です。
それを支えているのが肩関節周りについている僧帽筋、大円筋、棘下筋といった筋肉です。

ところがディスクワークでは肩関節はほとんど固定された状態で、こうした筋肉の動きが制限されて労働時間とともに硬くなるります。

さらにイマドキの仕事に外せないパソコンなどを扱うと首が前かがみの姿勢が続きます。
その結果首を支える僧帽筋、胸鎖乳突筋、頭板状筋といった筋肉が凝ります。

按摩(日本式マッサージ)・指圧は、筋肉を丹念にケアします。

例えばもう一つの腰痛

健康の基本は足腰ですが仕事の基本も足腰であります。
腰は、まさに要で人の活動の中心となります。
腰が痛むようでは行動力が鈍くなり、ここ1番の集中力に欠けます。

座ってばかりいると腰痛はどんどん辛くなってしまいます。人の背骨は立っているときにバランスを保つように緩やかなS字カーブを描いています。

座るとこのS字カーブが腰の腰椎で大きく歪んで負担がかかった状態になります。
だから長時間座りっぱなしだと腰周りの筋肉が凝ってきます。

これが続くと慢性筋肉状態となり腰痛の発症しやすい環境になります。
腰痛はなかなか手強いですが、これらのケアや毎日の腰のストレッチや毎日の負担のかかる姿勢に気づいて生活を修正していけば次第に緩和します。

例えば足のだるさ

外回りの営業や立ち仕事ばかりだと足のムクミで重くなったりします。
これはここぞと言う時瞬発力もスタミナも発揮できません。
脚には4つの大きな筋肉があります。

大腿にある大体四頭筋とハムストリングス、そして下腿にある前脛骨筋と腓腹筋です。

これに歩くときに酷使されるお尻の大臀筋を加えて5つの筋肉を按摩指圧のストレッチでアプローチし弾力のある状態へのお手伝いをさせていただきます。

スポンサードリンク