朝起きると肩関節が痛い|按摩で解消

Pocket

朝起きると肩関節が動かすと痛い。
朝起きると腕を上げたり後ろにしようと動かすと痛い。
肩が痛い原因が思いつかないという。

自覚も私が触っても腫れてもいない。
動かさないと痛くはない。
熱もない、本人も熱感もなし。

いろいろ日常の動きと最近の動きを聞いてみました。
全く思い当たることはないと。トレーニングも重いものを持った記憶もない。ぶつけた覚えもない。
肩関節なのか筋肉痛なのか動かしながらチェックしてみました。

他動的に動かしても制限があります。
また押さえてもどこが痛いというのも分からない。
動かしながら痛みの場所を聞いていきましたが分からない。
肩が全体的に痛いという表現です。
腕の方にもいたみが出てる場所があります。

多くは、斜角筋のコリや肩関節周りのことが多いのです。
首を動かしてもらい肩関節や腕の方に違和感が出るかどうか確認してもらいましたが変化なしです。

首ではないということが分かりましたので按摩で問題点を探していきました。
経絡テストで問題経絡を特定すという手もあります。
この場合は足の少陽胆経・臨泣で可動域が改善したかもしれません。
改善しても問題点をやらないとすぐに戻ってしまいます。

按摩をしながら問題点を見つけました。
前鋸筋という脇腹につく筋肉です。
前鋸筋は、腕を上げる時や前に出す時に使われる筋肉です。

前鋸筋を按摩しながら弛めました。
肋骨のコリで腕を動かすと肩関節が痛む場合かあります。。
原因は手首の古傷(骨折の手術痕)ではないかと気が付きました。
そしてそこにポチッとせんねん灸でお灸をしました。

次回は、手首のお灸を進めてみようと思います。

今日は風の強く天気もあまり良くありません。
大雨というほどでもなく、なんとなくすぐれない空模様です。

スポンサードリンク